どのくらいの年齢で家を建てるのがよい?しっかり資金計画を立てることが大切!

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

そろそろ家の購入を検討したほうがよいのではないかと考えている方もいるかもしれません。注文住宅を購入するタイミングを見極めるのは難しいですよね。他の人がどのくらいのタイミングで家を購入しているのか、参考にしたいと思っている方もいるでしょう。今回は注文住宅を購入した人の平均年齢や、費用に関して詳しく解説していきます。

家を建てる平均年齢はどのくらい?

何歳で家を建てるかは人それぞれですが、平均年齢を見てみると42.3%の人が30代で注文住宅を建てています。次に多いのが40代の23.2%で、次いで20代が15.2%です。なぜ30代で注文住宅を建てる人が多いのかというと、住宅ローンの審査が影響しています。注文住宅を建てる時、一括で支払えるという人はあまりいません。ほとんどの人が住宅ローンを利用することになるのですが、お金を借りるためには審査に通る必要があります。審査の基準は色々ありますが、年齢も大きな基準の1つになり、35歳くらいが一番住宅ローンの審査に通りやすいと言われています。そのため、35歳前後で注文住宅を建てる人が多くなっているというわけです。

また、返済のことを考えても30代が住宅を購入する最適なタイミングと言われています。30代なら定年を迎えるまでに30年程度の期間がありますが、40代になると20年程度しか余裕がなくなります。例えば3000万円の家を購入する場合、30年かけて返済するのと20年かけて返済するのでは、1ヶ月の返済額に大きいな違いが出てきます。ローンは定年までに返済したいと考える人が多いので、定年から逆算して毎月の返済額がどの程度になるかしっかり把握しておく必要があります。余裕を持って住宅ローンの返済をしたいと考えた場合、30代で家を購入する人が多いというわけです。

注文住宅を購入する時はしっかり資金計画を立てておこう!

家を購入するためには様々な費用が必要になるので、しっかり資金計画を立てておくことが大切です。資金計画を立てる時にまず把握しておきたいのが頭金のことです。注文住宅を購入する時は、いくらか頭金を用意しておく必要があります。金額は状況によって変わりますが、注文住宅を建てた方の頭金の平均額は650万円程度です。建築住宅を購入した人の頭金の平均額は300万円程度なので、注文住宅のほうが300万円程多く頭金を用意していることになります。注文住宅を建てたいなら、ある程度余裕を持って頭金を用意しておいたほうがよいでしょう。

親からお金を融資してもらい、家を建てる方もいます。中には1000万円以上の融資を両親から受けている方もいますが、全く親から融資を受けずに家を建てたという方もいます。どの程度融資を受けられるかは家庭の事情によって大きく変わるので、両親からの融資が受けられるかどうか事前に確認した上で、資金計画を立てなければなりません。家を建てた後にも、メンテナンス費用や税金などの支払いで費用がかかってきます。特に税金は都市計画税や固定資産税などがあり、毎年支払うことになるのでそれもしっかり計算しておきましょう。

資金計画を立てながら最適なタイミングを見極めて家を建てよう!

30代で注文住宅を建てる人が多く、住宅ローンの返済を考えても注文住宅を購入するのに良いタイミングではありますが、最適なタイミングは人によって変わります。無理して家を購入してもローンの返済に困ったり、満足できる家が建てられなかったりして、後悔してしまうこともあります。注文住宅は最適なタイミングを見極め、しっかり資金計画を立てた上で購入するようにしましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事