満足の行く家を建てるときにチェックしておきたい事とは?

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

せっかくマイホームを持つのであれば、細かいところまで自分のこだわりを反映した住みやすい家づくりをしていきたいところです。その場合には注文住宅という形を選ぶことになりますが、自分で決めるからこそ悩むことや、考えておきたいポイントもあります。満足いく家を建てるためにも、事前にチェックすべき点を確認しておきましょう。

譲れない条件を考えておく

家を建てるということを決めても、具体的にどういった形にすればよいのか見当がつかないという状態で打ち合わせや契約を進めてしまうと、出来上がってから後悔するという事にもなりかねません。特に考えておきたいのが、自分たち家族の生活にとって譲ることが出来ないポイントです。生活するうえで重要なポイントをおさえた家造りをしていくことで、少々の問題があっても結果的には暮らしやすいということになりやすいものです。すべてのポイントについて十分検討できればよいのですが、もともと家づくりに詳しくなく、時間が無い状態では多くのポイントについて考えることは難しくなります。だからこそ、ポイントを絞って確実にクリアしていくという考え方をしてみましょう。

例えばお子さんがいるご家庭では、子供部屋をどのように設けるかという事もポイントとなるでしょう。ある程度大きなお子さんの場合、巣立った後も別の形で利用できるような間取りにしておくという形も考えられます。お子さんの数に応じてどのように個室を確保していくかという事も考えていく必要が出てくることもあります。また、キッチンやお風呂などの水回りも、将来的に二世帯での暮らしになるということが分かっていれば、複数用意しておくなどという事も考えておく必要が出てきます。こうしたことは家造りのスタート時点で考えて伝えておかないと、設計に影響してくることになるのです。こだわりは家によって異なります。大きな変更になると後からの変更が難しいこともあるので、ぜひ、これからの生活を考えたうえで譲れないポイントを先に決めておきましょう。

家を建てる場所もしっかり検討

家を建てる際に、自分で持っている土地に建てるという場合だけではなく、土地の確保からスタートするという場合も多いでしょう。そのような場合にはどのような場所を選ぶかという事もしっかり検討しておいてください。例えば牧之原という地域で家を建てるということを決めたとしても、その中ならどこでもよいというものではありません。基本的には生活に必要な店舗が近いと暮らしていくうえで便利と言えます。また、お子さんがいるご家庭では学校などが近く子育てしやすい環境を望むことになるでしょう。自然豊かな暮らしをしたいという方は郊外の土地が向いています。このように、同じ地域でもどこを選ぶか、これからの生活を考えて決めていく必要があるのです。

どこで家を建てるべきかも考えて

家を建てるときに、自分で設計や建築をできるわけではありません。どこかに依頼することになりますが、その選び方によってもこだわりポイントが変わってくることがあります。例えば建築設計事務所に依頼することで、こだわりのデザインなどを実現しやすくなりますが、デザイン以外の契約や土地探しなどには不向きです。地元の工務店ではこだわった手作業などを依頼しやすい反面、希望する材料や工法を使えないという事もあります。

ハウスメーカーに依頼する場合にはモデルハウスなどで実際にどうなるかを確認できたり、土地探しの相談に乗ってもらえたりするなどのメリットもありますが、実際の作業は下請けに出すこともあり、費用が高くなることもあります。こうしたメリットデメリットを比較したうえでどこに依頼して家を建てるか決めていきましょう。

一生に一度の大きな買い物だからこそ

注文住宅を建てるということは、一生にそう何度もあることではないでしょう。一生に一度の大きな買い物となることが多いはずです。だからこそ、これからの生活をより良いものとしてくれる家づくりをしていきたいものです。そのためには実際に進めていく前に、どのような家にするかなどをしっかり考え、設計や土地探しなどに活かしていきましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事