注文住宅の購入を考えている人は失敗例から学ぼう!

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

注文住宅のメリットは、施主の希望に沿った仕様や間取りで建てられることです。しかし、実際に住んでみてから「思っていたものと違った」「もっとこうすれば良かった」などと後悔する場合も少なくありません。では、失敗しないためにはどうしたら良いでしょうか。それは、失敗例から学ぶことです。注意点をしっかり把握し納得のいく注文住宅を建てましょう。

収納の失敗

収納の失敗としては、「場所」と「大きさ」が挙げられます。場所の失敗例では、デザインや部屋の広さを優先してしまい、「収納したい部屋に収納スペースがない」「離れた場所へわざわざ取りに行かなければならない」といった声が聞かれます。次に大きさの失敗例では、「狭くて収納したい物が入らない」「年数が経つにつれて物が増え収納が不足した」などの後悔が聞かれます。

これら失敗例を参考に注文住宅を検討するうえで、3つの事前準備をおすすめします。1つは何をどこに置くかを具体的に考えることです。これにより、必要な場所に必要な収納スペースを確保することができるでしょう。2つ目は、必要な大きさを確認することです。実際に収納したい物の計測をおすすめします。3つ目は、将来を見据えて必要になってくる物を想像してみることです。今後、家族が増える予定があるのか、増えなくてもお子さんが成長した時にどのくらいの収納スペースがあれば足りるのかを考えてみると良いでしょう。

動線の失敗

動線の失敗は生活スタイルのイメージが不足していることから起きます。水回りを集約させるためにトイレを自宅の奥に設置したところ、「来客があった際、家の奥まで案内しなければならなかった」「外で遊んでいた子供がトイレに向かうまで時間がかかってしまう」などの声が聞かれます。また、同時進行で家事をこなすためにはキッチンから勝手口、洗濯機や物干し場までの距離が離れていると移動だけで手間がかかります。また、牧之原は車で移動して買い物に行くことが多いため、パントリーに行きやすい動線が便利と言えます。

また、動線に関してもお子さんの成長を想定して考えたいものです。勉強するための個室や友達が遊びに来た際に仕切りが欲しかったなどの声も聞かれます。風呂場も同様です。お子さんが思春期に入ってから脱衣場と洗面所を分ければ良かったと後悔するケースもあります。牧之原は海から近いため泳いで帰ってきた時、サッと洗い流せるシャワーが玄関近くにあると便利です。注文住宅を建てる場合、家族の生活スタイルや将来像をしっかり思い浮かべることが重要です。

コンセントや窓の失敗

注文住宅を建てた後で聞かれる後悔がほかにもあります。それはコンセントと窓に関することです。コンセントに関しては「数が不足」「欲しい場所にない」といった声が聞かれます。間取りやデザインなどに注意が向きやすいため見落としがちですが、電化製品の使用は生活に欠かせないため、住んでから不足していると延長コードを用意しなければなりません。冷房機器を設置する場合や髪を乾かす場合など、どこで何の電化製品を使用したいのかイメージすると良いでしょう。

次は窓についての失敗例です。大きな窓は自然光が入り、明るくて気持ちが良さそうです。しかし、いくら牧之原が穏やかな気候であっても、夏は直射日光が当たり、冷房費が余計にかかってしまう可能性があります。窓の位置は方角なども念頭に入れて決めると良いでしょう。

注文住宅を建てる場合は失敗例を参考に事前準備をしよう!

注文住宅を建てる際、デザイン性を重視しがちですが、暮らしてみると快適さが不足して後悔するケースが多いです。これから住宅を建てる方は、過去の失敗例を参考にして事前準備をすることが大事です。生活スタイルや将来像を思い浮かべて、必要な動線や収納の大きさなどを事細かく挙げましょう。そして、その要望を工務店に相談することが大切です。ぜひ事前準備をして快適なマイホームを実現してください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事