家を建てるための具体的な計画を立てよう

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

家を建てるときには計画性を持つことが重要で、いつ建てるのかを明確にした上でお金を貯めていくことが必要になります。しかし、具体的な計画を立てようとしても家を建てるタイミングはいつがベストなのか、お金はどのくらい用意しなければならないのかがわからずに悩んでしまう人も多いでしょう。計画を立てる上で有用な情報を紹介するので参考にして下さい。

タイミングとしてベストな時期の考え方

静岡県牧之原市で家を建てる計画を立てようというときにベストな時期はいつと考えたら良いのでしょうか。このタイミングが誰にとってもベストというのが決まっているわけではないので、ライフプランが大まかに定まった時点で検討するのが適切だと考えるのが良いでしょう。結婚や転職、子供の就学などを節目として計画を立てる場合が多く、生活の大きな変化を起こすタイミングとして決断しやすいのが特徴です。

また、家を建てるのには住宅ローンを組むのが一般的で、長期的な支払いが必要になります。申し込みの時点で頭金も用意することになるので資金を貯められて、これからも安定した収入が手に入るとわかった時点で決断するのもよくあるパターンです。家を建てたことで生活が苦しくなっては元も子もないので、生活水準を維持できるかもよく考えて時期を決めるのが大切です。

家を建てるのに必要な頭金とは

住宅ローンでは家を建てるのにかかる費用をまとめて借りられるのが特徴ですが、そのうちの一部を最初にまとめて頭金として支払うことが求められるのが一般的です。頭金を大きくすれば利子分が減るので返済総額が小さくなる一方、最初に大きな支出が生じることになります。借入額の2割を頭金にするのが目安です。実際には頭金なしで借りられる場合もありますが、金融機関側がリスク回避を考えて最低でも2割は用意するように要求される傾向があります。例えば総額4000万円で家を建てるなら800万円を頭金として用意するのが基本になるのです。

十分な頭金を用意する方法

家を建てるにはかなりの頭金が必要になるのは確かで、数百万円の資金を用意するためには方策を考えなければなりません。十分な頭金を用意できるようにするのに役に立つ方法として代表的なものが四つあります。一つ目は地道に積み立てをしていく方法で、毎月の給料の一部を積立預金などで貯めるのが基本です。仮に10万円ずつ毎月確保したとしたら3年間で360万円少々になります。二つ目は財形貯蓄で、勤め先の福利厚生として提供されているなら活用してみる価値があります。財形貯蓄には財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄の二種類があり、合計で550万円までの利息が非課税になるのが特徴です。給料から天引きして積み立てていき、高めの金利で預けられるのがメリットです。

三つ目はリスクを伴う貯め方で、投資によって資金を増やす方法があります。低金利の時代なので預金や財形貯蓄ではあまりお金を増やせませんが、投資をすれば大きくお金を増やせる可能性があります。株式投資やFX、先物取引などに加え、投資信託やロボアドバイザー投資など色々な方法があるので検討してみましょう。四つ目は相続時精算課税制度の活用です。60歳以上の親や祖父母から20歳以上の子や孫への贈与について贈与税を非課税とする代わりに相続税に振り替えることができる制度になっています。親や祖父母からお金を借りて頭金にするというやり方をするときに重要な制度で、2,500万円までであればこの時点で贈与税を納めずに済みます。

計画を立てて家を建てよう

家を建てるにはタイミングを見極め、その時期に建てるための住宅ローンの頭金を貯めていくことが大切です。いつどんな家を建てて暮らしたいのかを早い段階からイメージして、家を建てるのにいくらくらいかかるのかを考えておきましょう。そして、そのために必要な頭金を用意できるように計画的に取り組んでいくとベストな時期に家を手に入れられます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事