ハウスメーカーや工務店で家を建てる際の比較ポイント

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

戸建て住宅を建てる場合には、まず数あるハウスメーカーや工務店のうち、どこに依頼するかを決めなければなりません。施主の希望を叶えてくれるところに依頼すれば理想の家造りができますが、そうでなければせっかく建てたにもかかわらず後悔することになりかねません。以下では、そのような事態に陥らないようにするために、それぞれの比較ポイントを紹介していきます。

依頼する業者のカテゴリーごとの比較

一つ目の比較ポイントは、依頼する業者のカテゴリーです。まず、ハウスメーカーについては、その知名度や実績、信頼性などを踏まえて選ぶ方が多いようです。ただし、単に信頼できそうというイメージだけではなく、実際に営業担当者に会って家造りを任せられるかどうかを確認したり、アフターサービスの充実度を世間の評判なども踏まえて確認するといったことが重要です。それ以外にも、契約を急かされたりしないかや、建築後の保証内容が整っているか等も確認した上で契約するようにしましょう。

次に、工務店は、ハウスメーカーと比べると工期が長くなりがちであるものの、資材の規格が決まっていないため、こだわりを持って好きな家を作ることができるため、完全に自分仕様の家を作りたい方などにおすすめです。一方、建築設計事務所に依頼する場合は、設計をその事務所で行い、建築工程は提携先である工務店などに委ねるのが一般的です。基本的には工務店で建てるのと同じく、完全にオリジナルの家を作ることが可能ですが、デザインに特化した事務所が設計監理を行うため、その分の費用が上乗せされる点に注意が必要です。

最後のビルダーは、ハウスメーカーほどではないもの、工務店よりは規模が大きい、両者の中間に位置づけられる業者です。ハウスメーカーのような特徴を持つところもあれば、工務店のような特徴を持つところもあるため、依頼する場合には事前にどういった個性を有しているかを見極めるようにしましょう。なお、牧之原市には、大手のハウスメーカーから工務店に至るまで様々な建築業者が存在するため、以上の点を踏まえて施主の希望を叶えてくれるところを選べば後悔するようなことにはならないはずです。

建築工法ごとの比較

二つ目の比較ポイントは建築工法です。まず、木造で建てる場合は、多くのハウスメーカーや工務店が対応している木造軸組工法や2×4工法が選択肢となります。前者は、間取りの自由度が高く、増改築も容易であるというメリットがあるものの、大工の腕次第で出来栄えが変わってくる点に注意が必要です。一方、後者は、あらかじめ工場で枠組みなどを作って現場で組み立てる工法ですので、気密性が高く、クオリティにムラが出にくいという点がメリットです。

木造以外の選択肢としては、鉄骨を使った軽量鉄骨造や重量鉄骨造、RC造があります。このうち軽量鉄骨造は、この3つの中でもっともコストが安いため、リーズナブルな価格で家を建てられるというのが魅力です。重量鉄骨造は、金額が高くなるものの、頑丈な家ができるため、長期間同じ家に住みたい方にはおすすめとなっています。RC造というのは鉄筋コンクリート造のことで、丈夫で高い耐火性を有する家が建てられます。コストは3つの中でもっとも高く、断熱性に優れる分、対策しないと室内に熱がこもりやすくなる点に注意が必要です。なお、重量鉄骨造とRC造は一部のハウスメーカーしか採用していないため、委託先は限られてくるでしょう。

これらのほかにも、ハウスメーカーや工務店のなかには特殊な工法を得意としているところもあります。具体的には、丸太づくりのログハウスやアルミ材を使った住宅などです。

坪単価で安易に比較しないこと

建築会社を比較する場合に、坪単価を用いるケースがありますが、業者によって公表されている建築価格に含まれている項目は一律ではありませんし、分母となる坪数の考え方も様々ですので、一概に金額が安ければ良いと考えるのは早計です。建築価格には、付帯工事の費用や諸費用などが含まれていないケースも少なくないため、一見坪単価が同じに見えても、諸費用が高めである業者に依頼すると思ったよりも総工費が高くついたという結果になりかねません。また、設備費については、建物が広ければ広いほど、単価が安く見える傾向にあるため、この点についても見かけの金額の多寡だけに目を奪われないようにするのが肝要です。

比較ポイントを押さえて理想の家造りを実現しよう

以上で見てきたように、戸建て住宅を建てる場合には、依頼する建築業者や採用する建築工法などをしっかりと比較検討することが非常に重要です。どうしても坪単価に目を奪われがちですが、たとえ安く建てられたとしても、住みにくい家になってしまったら意味がありませんので、比較ポイントをしっかりと押さえて理想の家造りを実現するようにしましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事