注文住宅の建築にかかる費用はどれぐらい?予算は多くないと建てられないの?

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

注文住宅は建売住宅と違って、「自分の思い通りの家を作れる」というメリットがあります。しかし、建売住宅に比べると建築費が高くなるのではないかと心配している人もいるでしょう。そこで、この記事では「工務店に注文住宅の建築を依頼したときにかかる費用の内訳」や「平均でどれぐらいの費用がかかるのか」などについて解説していきます。

注文住宅では土地と家の2段階でお金を支払う必要がある

注文住宅でかかるお金は主に「土地の購入費用」と「家の建築費用」の2種類で、それぞれごとに支払う必要があります。土地の購入時に支払うお金は売買契約時の「手付金」と引き渡し時の「残代金」および「諸費用」で、支払うタイミングが異なる点には気を付けましょう。手付金の代金は「物件価格の5~10%」、購入諸費用は「土地代金+家の工事費用の6~10%」が目安で、残代金は「物件価格-手付金-住宅ローン借入額など」で算出可能です。ただし、土地の条件や住宅ローンの借り方によっては相場よりも高くなる可能性もあります。

一方、家の建築時に支払うお金はさらに細かく分かれているのが特徴です。工事契約締結時の「工事契約金」「建築確認申請費」に始まり、着工時点で支払う「着工金」「地鎮祭費用」、上棟時には「中間金」「上棟式費用」がかかります。また、引渡し前には「残代金」だけでなく、「登記費用」も発生するので注意しなければいけません。そのほかにも、「住宅ローンの借り入れ費用」や「火災保険料」、「不動産取得税」などの費用がかかるケースがあります。注文住宅を建てる際はあらかじめ「総額でいくらになるか」を試算しておくことが重要です。

注文住宅における床面積と建築費の平均はどれぐらい?

注文住宅における床面積と建築費の平均値を知るためには、住宅金融支援機構が調べたデータが参考になります。それによると、2016年度に建てられた注文住宅の平均的な床面積は「約129.3平米」で、土地代を含まない平均的な建築費は「約3308万円」という結果でした。ただし、これはあくまでも全国平均です。各地域別でみると床面積では大きな差はありませんが、建築費は首都圏や近畿圏といった大都市が多く存在するエリアほど高い傾向にあります。平均的な建築費は首都圏で約3593万円、近畿圏で約3436万円、東海圏で約3405万円なのに対して、それ以外の地域では約3106万円です。都市の規模が大きい地域ほど、平均的な建築費も上がりやすいというのは頭に入れておきましょう。

なお、牧之原市は東海圏に属しますが、2020年の公示地価は「平米あたり2万9483円」で、静岡県にある35市町村のうち32位です。また、2020年3月時点の人口は4万5000人程度と、都市の規模は大きいとはいえません。牧之原市で注文住宅を建てる際のコストは全国平均の3000万円台前半を目安にしても問題ないでしょう。

予算はどれぐらいあったほうがいいの?

予算は多ければ多いほど選択肢が増えるのは事実ですが、「自分が必要とする家」を建てる場合に必ずしも多くないといけないわけではありません。注文住宅であれば自分のこだわりがある部分だけにお金をかけることで、低予算でもお気に入りのマイホームを建てることが可能です。実際にハウスメーカーでも全国平均の3000万円台だけでなく、1000~2000万円台で建てられる家を用意しています。

1000~2000万円台という比較的低予算で建てられる住宅は、シンプルなデザインが多いのが特徴です。なぜなら、複雑なデザインになればなるほど資材費が高くなるのはもちろん、施工にも時間がかかるからです。ただし、シンプルな家だからといって機能面で劣るとは限りません。あくまでも好みの問題なので、シンプルなデザインが好きという人にとっては特別なデメリットは感じないでしょう。

2000~3000万円の予算がある場合には資金的に少し余裕が出てくるので、内装や設備でグレードアップできることもあります。また、「家具や家電は今まで使っていたものをそのまま使う」などの方法で予算を圧縮し、浮いたお金で自分のこだわりを実現するのもよいでしょう。いずれにしても、注文住宅なら予算に応じた建て方ができるので、予算が少なくても工夫次第で満足する家が建つ可能性があります。

注文住宅なら予算に応じたマイホームが建てられる!

注文住宅の建設には、土地の取得費と家の建築費の2つの支払いが必要です。それぞれにかかる費用は多岐にわたるので、あらかじめ総額でどれぐらいかかるか試算しておきましょう。ただし、予算が少ないからといってすぐに諦めてはいけません。注文住宅なら予算が少なくても少ないなりに、満足度の高い家を建てられる可能性があります。まずは自分の希望条件に優先順位を付けることから始めてみてはいかがでしょうか。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事