優良工務店の選び方〜口コミに騙されないための確認事項〜

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

人生において最も高額な支出となるのは、住居の購入費用です。それだけに、家の間取りや立地等、皆さんかなり入念なリサーチをすると思います。でも、建築を依頼する業者はちゃんと選べますか?もし間取りや設計にこだわりがあるなら工務店に任せるのがおすすめです。しかし、工務店というと街の大工さんから大手まで幅広く、良い工務店を選ぶのが困難です。そこで今回は、工務店選びにおいて必須事項を解説します。

ハウスメーカーと工務店の違いは設計自由度の高さとアフターサービスのきめ細かさにある

工務店とは、地域密着型で建物の設計から完成までを請け負う業者のことを言い、注文住宅の設計において自由度が高いことが特徴です。また、家を建てた後も、メンテナンス等長期に渡ってその工務店との関係が続く場合が多く、優良な工務店を選ぶ事に成功すれば、その後の生活においても安心して任せる事が出来ます。

対して、ハウスメーカーは全国に拠点を持っているため施工エリアが広いという特徴があります。ライフスタイルに合わせてパッケージングされたプランが用意されているため、品質や工期にばらつきがないというメリットがあります。アフターサービス等も含めて大ハズレを引く事は少ないですが、予め用意されたパッケージの範囲でしか選べないため、自分のこだわりを100%叶えられない場合があります。また、良くも悪くも何処を選んでも大差が無いとも言えるため、一世一代の買い物としては少々楽しみに欠けるように思います。

更に、工務店はハウスメーカーよりも少ない予算で家を建てる事が出来ます。その理由として、ハウスメーカーは工務店と比べて自社の宣伝費に多額の資金を投入しており、その資金を注文住宅の価格に上乗せしているためです。自分の理想の暮らしを出来るだけ低価格で実現するためにも優良な工務店を見つける努力をしましょう。

工務店を口コミだけで選ぶのはNG!!抑えるポイントを知って優良工務店を発掘しよう

何かを買う時に口コミを参考にするのは悪い事ではありません。むしろ、買った人のリアルな意見は、時にメーカーも想定していないような鋭い指摘が隠れている事もあります。しかし、中には所謂サクラと呼ばれるその商品や企業を持ち上げるだけのものや、嘘の情報が書き込まれている場合もあります。数百円や数千円程度なら「失敗した」で済ませられるかもしれませんが、数千万や時に億単位の買物になる注文住宅となればそうはいきません。そんな悪徳な口コミに騙されないためにも、最低限のチェックポイントを抑えておきましょう。

優良工務店を見極める必須項目

優良な工務店かを見極める上で外せないのが、建築士や施工管理技士の在籍の有無です。一般人は、当然建築に対しては素人です。したがって、工務店のレベルを、施工した家の質や担当者とのやり取りで判断する事は困難です。しかし、資格の有無なら一目瞭然ですし、これらの資格を取得した従業員の人数は、工務店の仕事に対する意識のバロメーターとして機能しますので、最低でもどちらの資格についても保有者がいる事は確認したいところです。

次に、工務店が「住宅完成保証制度」に加入しているかも確認しましょう。これは、料金支払い後に何らかの理由で工務店が倒産した時に、他の業者への引継ぎ費用や前払金が保証される制度です。この制度は完全に施工主を守るために工務店側が加入するものです。それ故に、その工務店が本当に施工主目線で家造りを考えているかどうかが分かります。また、施工主側も滅多にない事とはいえ、万が一工務店が倒産した時の事を考えると、必ずチェックすべきポイントです。

静岡県牧之原市にある「建築工房相良」は、高い機密性と断熱性に優れたFP住宅や、熊本地震の際に半壊すら起こさなかった実績を持つ「MIRAIE 」等の最先端の施工に対応しています。それだけでなく完成後10年間の長期に渡り定期点検を行っており、アフターサービスも万全です。

時間を掛けて優良工務店を見つけて理想の暮らしを実現しよう

家の購入は、一生に一度の人も多いとても大変なものです。上記のチェックポイントを参考に工務店を絞り込み、じっくり時間を掛けて探せばきっと優良工務店と出会えるはずです。その工務店はきっとあなたに理想の注文住宅と暮らしと快適な暮らしを提供してくれます。あなたの人生の支え手となる工務店が見つかる事を心から祈っています。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事