注文住宅の相場費用と予算計画

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

マイホームを建てるということは、多くの人にとって夢ではありますが、決して安い買い物ではありません。建売住宅ではなく注文住宅ならば、こだわりを詰めることができる分、より一層費用が高くなっていきます。できるだけ安く、かつ理想の家を建てたいと多くの人が思っているでしょう。注文住宅を建てる際の相場と予算計画の立て方について紹介します。

注文住宅の相場費用と内訳

注文住宅は家の設計やデザインからかかわることができて、自由に家を建てることができるため、費用を掛けようと思えばいくらでも掛けることができるという点が大きな特徴といえるでしょう。しかし、すべての人が限りなく費用をかけているわけではありません。注文住宅の相場は、全国平均で129.4平方メートル(約39坪)の土地に家を建てたならば、およそ3,226万円です。地域によっては土地代や家の建築様式も細かく変わるので、相場が変わってきます。首都圏ならば土地面積は少し少なくなりますが3,508万円、近畿圏ならば3,264万円、東海圏ならば3,354万円、その他の地域は3,052万円です。

東海地方に位置している静岡県の牧之原市ならば、およそ72坪の面積で全国平均よりも高い費用を掛けて注文住宅を建てる傾向があります。この平均費用を超えて、4,000万円、5,000万円と費用を掛ける人もいれば、1,000万円と費用を抑えて建てる人も多くいます。注文住宅を建てる際に掛かる費用のすべてが、建築費用というわけではありません。まずは土地の購入にかかる費用として、土地の代金のほかに手数料に印紙税もかかるでしょう。建築費用にしても、家の建築費用のほか外構工事費用も掛かります。牧之原市は、首都圏から外れているため、坪単価の相場は5万円程度でそれほど高くはありません。広い土地を購入する人が多く、その分外構費用なども高くなっていきます。

相場よりも高い価格を掛けている人は、首都圏で土地代が高くついた場合や3階建ての三世代住宅などこだわりの家を建てた場合が多いです。

注文住宅の予算計画

注文住宅を建てる際には、おおよその場合は現金一括で購入するのではなく、住宅ローンも含めて予算計画を立てるものです。この予算計画をあいまいにしたまま業者に依頼してしまうと、満足のいく家を建てることができなかったり、後々破産してしまったりするので非常に重要といえるでしょう。住宅ローンを組むことができるとしても、必ず頭金を用意しなければならず、この用意することができる頭金の額によって掛けることができる全体の費用が決まります。一般的に、頭金は注文住宅の購入費用の最低でも10%、できるならば20%以上用意するほうが良いといわれています。貯蓄額から、入居するまでの生活費用や仮住まいの費用、引っ越し費用などを差し引いて、どれだけ頭金を用意することができるかを計算することが、予算計画の第一段階です。

頭金の金額から、住宅ローンや年収も含めて考えて予算を組みますが、ローンの条件が厳しい場合には予想よりも費用を掛けることができないこともあります。住宅ローンは、一般的には30年で返済する予定で組みますが、景気の動向によっては滞る可能性があるので、ボーナスも込みで返済計画を立てるなどといった、無理な計画は立てないようにすることが必要です。費用について不安がある場合には、建築業者などと相談してみるとよいでしょう。

注文住宅の費用を抑えるためには

費用を掛けることができないのならば、満足のいく注文住宅を建てることができないのかというとそうではありません。費用を抑える工夫をしつつ、業者選びをしっかりと行えば、理想のマイホームを手に入れることは可能です。費用を抑える工夫のひとつが、メリハリをつけた仕様にするということです。すべての設備や仕様を高価なものにするのではなく、こだわりのある部分のみグレードをアップさせると、費用を抑えることができます。水回りの設備を1か所に集めて配管設備をシンプルにすることや、複雑な外観や間取りをなくしたシンプルな建物にすることも予算を抑えることにつながります。

建てやすく、建築資材が少なく済む建物は費用を抑えることが可能です。このほか業者選びをしっかりすることも重要です。業者ごとの得意分野を見極め、相性の良い業者を選ぶと、納得できる仕上がりになります。

費用を抑えて理想の注文住宅を

注文住宅を建てる際には、予算相場を把握しておくことが、納得のいくマイホームを建てるために重要となります。また、予算計画をあらかじめしっかりと立てておくことで、具体的に住宅の設計やデザインを進めることができるほか、将来的な不安を軽減させることができるでしょう。注文住宅を費用を抑えて建てる方法はいくつかあるので、正しく予算計画を立てて、理想のマイホームを手に入れてください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事