注文住宅のキッチンの選び方!後悔しないために知っておくべきこととは?

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

毎日使うキッチンは、使い勝手のよさや、デザインのおしゃれさにもこだわって選びたいですよね。この記事では注文住宅のキッチンの選び方について解説します。すっきり片付いたキッチンにするための収納の選び方や、デザインの選び方など、知っておくべきポイントを紹介するので、「キッチン選びに失敗したくない」という方は参考にしてください。

使いやすい収納でいつも片付いたキッチンに

収納が使いやすければ、いつもすっきりと片付いたキッチンをキープすることができるでしょう。食器や調理器具、食材など、モノの量は家族の人数やライフスタイルによって異なります。大人数の家族の場合や、人を招く機会の多い家庭では、モノの量は多くなりがちなので、収納スペースをたっぷりと設けたほうがいいでしょう。十分な収納スペースがないと、モノがあふれてキッチンでの作業がしにくくなるうえに、掃除の手間もかかるからです。ただし、収納を増やしたぶん、キッチンの作業スペースが狭くなってしまうこともあります。モノの量が少ない家庭では収納を最小限にするなど、各家庭に合った収納を選びましょう。

従来の扉式のシンク下収納は、奥行きと高さがあってうまく使いこなすのが難しかったのですが、最近は引き出し式のシンク下収納も増えてきています。奥のものを取り出すときに、しゃがんで手前のものをどかして取るといった面倒な手間が必要なく、引き出すだけで奥のものまで見渡せて、サッと出し入れできるのが特徴です。また、高い位置にあって使いづらい吊戸棚収納にも、目線の高さまで降ろして使える昇降式のものが登場しています。手動で降ろすものや、ボタンを押すだけで自動に降ろせるものなどがあり、どちらも中身の把握がしやすく、出し入れもスムーズなのが魅力です。

お手入れのしやすいキッチンで掃除をラクに

注文住宅を建てる際には、お手入れのしやすいキッチンを選ぶと、日々の掃除の手間がラクになります。いつもきれいに保ちたいキッチンですが、忙しい暮らしの中で、こまめに掃除するのはなかなか難しいもの。汚れが付きにくく、汚れてもサッと掃除できるキッチンを選びましょう。キッチン掃除の中でも、レンジフードとコンロまわりの掃除には苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか。

最新の浅型のレンジフードなら、面倒なフィルター掃除が必要ありません。レンジフード内部に汚れが入り込まないように工夫されているので、年末の大掃除の手間も大幅に減らすことができるでしょう。中には全自動で掃除までしてくれるレンジフードなども登場しています。コンロはフラットなガラス製のトッププレートのIHクッキングヒーターがおすすめです。吹きこぼれや油汚れがついてもサッと拭き取ることができます。シンクはつなぎ目の部分に汚れが溜まりやすいため、つなぎ目のない一体型のタイプを選ぶといいでしょう。人造大理石を使ったキッチンは簡単に拭き取れていつも清潔な状態を保てます。

好みに合ったデザインを選ぶ

家事のモチベーションを上げるには好みに合ったデザインを選ぶことも大切です。清潔感のある明るいキッチンにしたければ、白を基調としたデザインがおすすめです。明るいカラーはキッチンを広く見せる効果もあります。反対に黒やブラウンなどの暗めのカラーを選ぶと、落ち着いた高級感のあるキッチンなります。ステンレスのキッチンは、スタイリッシュでプロの厨房のような雰囲気を演出できます。木製のキッチンは、温かみのある雰囲気で、ナチュラルなかわいらしい雰囲気を出すことができるでしょう。牧之原で注文住宅を建てる際には参考にしてください。

使いやすくお手入れもラクなキッチンを選ぼう

注文住宅のキッチンを選ぶ際には、ライフスタイルや家族の人数に合わせて、使いやすいキッチン収納を選びましょう。共働きの忙しい家庭は、お手入れがしやすいキッチンを選ぶと、掃除の手間がラクになるのでおすすめです。気持ちよくキッチンでの作業ができるように、デザインやテイストにもこだわってキッチンを選びましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事