注文住宅にありがちな失敗例と参考にしたい成功例

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

注文住宅はライフスタイルに合わせた自分好みの設計ができる点が魅力です。好みの間取りや外観を作れるという自由度の高さがある一方で、絶対に避けたいのが「家づくりの失敗」です。家は一度建ててしまうと建て直すには高額な費用がかかってしまいます。そのため注文住宅を建てる際には慎重な計画が必要です。ここで取り上げる「失敗例」と「成功例」を参考に、ご自身の家づくりにお役立てください。

こんなはずじゃなかった!注文住宅の失敗例

生活の変化を考慮していない「間取り」で失敗

夫婦の暮らしは時間と共に変化をしていきます。注文住宅を建てる際には、将来起こりうる「生活の変化」を見越した間取りを考える必要があるのですが、適当に決めてしまうと失敗になるケースがあります。これから子供が産まれる夫婦の場合、日々の成長を考慮しなければいけません。しかし小さい子供用に広々と動き回れるスペースがなかったり、将来子供の成長と共に必要になる「個室」を考慮していなかったために、大規模な改造が必要になってしまったという例があります。また高齢になった親と同居することになり、急遽もう一つ寝室が必要になってしまったというケースもあります。これは「現在の状況」だけを見て注文住宅の間取りを決めてしまった失敗例です。

実際の生活シーンを考えずに設置した「設備面」での失敗

キッチンなどの設備選びは慎重に行いたいものですが、何も考えずに設置してしまうと実際の生活の中で「これは必要なかった」という失敗のもとになります。例えばキッチンの「食器洗い乾燥機」は、共働きの忙しい夫婦など家事に時間を掛けたくないという人にとっては役に立つ設備です。しかし万人に必要な設備かと言えばそうではなく、「水道光熱費を節約したい」とか「夫婦2人暮らしで洗う食器が少ない」という人にとっては無用の長物になってしまう可能性があります。

準備不足で失敗

牧之原には注文住宅を請け負う多くの工務店がありますが、いくら相手がプロだと言っても「完全に工務店任せ」では失敗やトラブルの原因になります。注文住宅を建てる際には、間取りから使用する建材まで、工務店との細かな打ち合わせを何回も重ねる必要があります。仕事で忙しく十分な打ち合わせができなかったために、工務店側に理想を伝えきれずに失敗したという例もあります。施主側としての意見や理想をはっきり伝達しておかないと、高額な家を購入したあとに「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。

理想の注文住宅を手に入れた成功例

家族のコミュニケーションを重視した家づくりで成功

家族構成を考慮した注文住宅を建てたことで、家族同士のコミュニケーションが増えたという成功例です。リビング内に階段を設置することで、上階にある部屋に向かう子供の様子を見守ることができて安心という声を聞きます。またリビングと隣接した対面型キッチンを採用することで、料理中に子供の様子を見たり、夫婦同士で今日の出来事を話したりと家族のコミュニケーションが増えるのに役立ったという話はよく聞く成功例です。

生活シーンにマッチした設備を導入して成功

生活リズムにマッチした設備を導入することは、満足のいく家づくりに重要な要素です。共働きで忙しい夫婦が「パントリー」を設置したら、とても便利になったという例です。パントリーとはキッチンに隣接して設けられる収納用の小部屋のことですが、週末にしか買い物に行けない家庭なら、まとめ買いしたものをたくさん収納することができます。

リビングに癒しの空間を作って成功

リビングに隣接した形で和室を作ることで、畳の香りを感じる癒し空間ができ、活用性の高い便利な空間ができたという成功例があります。リビングに隣接した和室はテレビを見るのに飽きた子供が遊ぶスペースや、お昼寝の場所としても活躍します。引き戸を設けることで閉めれば個室に早変わりし、読書や勉強など臨機応変に空間を活用できます。リビングと段差のある「小上がり和室」にすれば、床下に収納スペースができたり、掘りごたつを作ることも可能です。

成功する家づくりは計画から始まります

注文住宅は信頼のおける工務店を見つけることも大事ですが、それ以上にご自身のライフスタイルや理想に合わせた計画が必要です。その計画をもとに工務店と綿密な打ち合わせを重ね、ご自身の理想を相手に伝えきることが大切です。今回ご紹介した失敗例と成功例を参考にしていただき、ご家族の皆さんが納得する家づくりのヒントになれば幸いです。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事