注文住宅のコストダウンには間取りがポイント

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

注文住宅は予算配分に気をつけなければ、どんどん費用がかかってしまいます。とはいえ、せっかく家を建てるなら自分のこだわりも譲れないものです。注文住宅のコストダウンを目指すには方法がいくつかありますが、実は間取りもコストに大きく関係しています。この記事では、注文住宅のコストダウンを実現する間取りのポイントについて紹介します。

牧之原で注文住宅をコストダウンさせるコツ

注文住宅を建てるなら人とは違う、自分達のこだわりが詰まった家にしたいというのは、多くの依頼主が抱える思いです。しかし家は複雑になればなるほど技術が求められ、材料や工事の手間もかかるのです。例えば家の形も色々ありますが、注文住宅のコストを最も安く抑えられるのは、コーナーが少ない四角い箱型の家となります。同じ床面積でも四角い家より複雑な形の家は外周に凹凸が多く、コーナーの数も多くなります。コーナーの処理は専用のパーツが必要で、フラットな面に使うものより値段も高めです。さらに複雑な形は外周の面積も増えて外壁材や下地材、仕上げ材などの材料費もかかり、工事にとりかかる大工の工賃も大幅に高くなってしまうのです。

その点、四角い形の家なら無駄な材料費はかかりません。シンプルな形の方が構造的にも強いと言われ、コスト以外のメリットもあります。もちろん家の中の部屋数もなるべく少なくして、シンプルにするのがベストです。小さな部屋を多く作るよりも広めの部屋を少なく設けた方が、間仕切り壁やドア、窓の数が少なくなるので、材料費や工事費も抑えられるのです。子供の数に合わせて部屋数を考える人が多いですが、部屋数が多いと照明や冷暖房設備が余分に必要になります。例え子供の数と部屋数が揃っていなくても、広い部屋をカーテンやパーテーションで区切って部屋を増やせるようにしておくと問題ありません。将来的に子供が家から巣立っていった時も、使い道のない部屋が残る事も無くなるのです。

生活するのに欠かせないキッチンやお風呂、洗面所、トイレなど水回りは一箇所にまとめる事でコスト削減に繋がります。水回りは配管工事が必要になりますが、それぞれの場所が離れていると工事も複雑になります。しかし同じ場所にあると工事が楽になり、さらに給湯器からの距離が短くなるのでガス代を節約、メンテナンスがしやすいといったメリットもあります。またトイレは1階と2階に作るのが一般的になってきてますが、実はトイレの設置には少なくとも約30万円ほどの費用がかかります。家族の人数にもよりますが、本当にトイレが2ついるのかも検討する事が大切です。もし2つ作る場合は、1階と2階で位置が重なるように設計するのもコストダウンのコツです。

そして1階と2階を繋げる階段ですが、リビングに階段が存在するリビングイン階段もコストを抑える方法の一つです。階段のみのスペースを作ると壁や廊下も必要なので、作業料や人件費、材料費が余分にかかります。しかしリビングイン階段にする事で壁や廊下は不要となり、大幅にコストをカット出来るという訳です。リビングイン階段は部屋が暖まりにくいと敬遠する人もいますが、カーテンやロールスクリーンを取り入れる事で断熱性を高める事が出来ます。

牧之原で注文住宅を建てるとなった場合、デザインか機能性か、またはコスト面か何をこだわるのか整理しておかなければいけません。なるべくコストを抑えて家を建てたいなら、しっかりと打ち合わせを重ね、予算をしっかり聞いてくれるハウスメーカーや工務店を探す事が大切です。口コミや体験談を参考にするのも良いですが、展示場へ行って実際の家の雰囲気を確かめておく、営業マンと話して相性を確認するのも大事な作業です。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事