分譲住宅と注文住宅の違いとは?

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

分譲住宅と注文住宅の違いとは?

これから住宅を購入しようとするときに出てくる問題の一つが、分譲住宅にするか注文住宅にするかということです。どちらにもメリットやデメリットがあり、それぞれを比較して決めるのには、なかなか苦労してしまいます。ここでは、分譲住宅と注文住宅の違いについてご説明していきます。さらに、静岡県でお探しの方に向けたおすすめの場所もご紹介します。

分譲住宅のメリットとは?

新築を購入するときには、分譲住宅か注文住宅を選ぶことになります。実際、それぞれどのようなメリットがあるのか、まずは分譲住宅のいいところを見ていきます。多くの分譲住宅は、すでに出来上がったものを購入するため、注文住宅のように間取りなどを自由に決められないという部分が目立ちがちですが、分譲住宅には注文住宅には無い、多くのメリットがあります。

その一つが価格です。分譲住宅は多くの材料をまとめて仕入れて建てるため、費用が抑えられます。このような、注文住宅ではできない大量仕入れによって抑えられたコストから、比較的安い価格で購入することができます。次に、購入価格が明確にわかることです。分譲住宅が売り出される場合、価格が決まった状態で売り出されます。契約時などの細かい部分で多少の増減はありますが、基本的には決まった価格で購入することが可能です。このため、買おうとした時点でおおよその金額が決まっているため、購入の計画が立てやすいのが特徴です。

さらに、元々決まっている間取りや家についている設備などは、住宅のプロが考えて設計したものなので、生活の動線など家の間取りを考えるうえで大切な部分を、しっかりとおさえられているのも大きなポイントです。そのため、引っ越して生活を始めた時点から、使い勝手の良い住宅になっています。また、しっかり整備されている土地が使われていたり、外観も周辺の建物に合うようにデザインされているのもメリットの一つです。

注文住宅のメリットとは?

それでは、注文住宅のメリットはどんなものがあるのでしょうか。注文住宅最大の特徴は、自由に好きな家を作ることができることです。もちろん、法律や建物を設計する上での制限はありますが、ほぼ購入する人の思い描いたものを作ることができます。土地の広さや、家の大きさ、部屋の間取りや配置、外観や内装など自分の思い通りになるので、一から作っていく楽しさを感じることができます。しかし、自由に決めることができる分、設備や工事内容によっては費用が上がってしまうというリスクはついてきてしまいます。他にも、注文住宅は建設中も確認することができるので、工事の内容をしっかり見ることができるという安心感もあります。

家を買うのにおすすめの場所は?

ここまで、建物についてご説明してきましたが、ここでは場所についてご紹介していきます。
今回おすすめする場所は、静岡県の牧之原市です。牧之原は静岡県中部にあり、海やお茶の産地で有名な牧之原台地など、自然に囲まれた場所です。周辺には、お寺やお城など歴史を感じることができる名所や、子供が1日遊べるような大きな公園などがあるため、休日のお出かけにも困りません。また、お花が見れるスポットや温泉施設など、大人が楽しめる場所もあるのがうれしいポイントです。もちろん海や台地もあるので、1年を通して自然を満喫することができます。自然と触れ合える牧之原で、素敵なお家を探してみてはいかがでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットを確認しましょう

自分の理想の家を作れる注文住宅や、費用を抑えて新築物件を購入できる分譲住宅は、それぞれいいところと我慢しなければならないところがあります。しかし、分譲住宅にもいろいろな間取りのものがあり、費用を抑えながらも理想の家を見つけることができるなど、デメリットが気にならないという場合もあります。まずは、しっかりと分譲住宅と注文住宅の特徴を把握し、自分が納得できる購入方法を探してみましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事