注文住宅のメリットとデメリットとは?

静岡県 FPの家,FPの家,FPの家 加盟店,FP,気密性,断熱性

家を建てる際の「注文住宅」や「建売住宅」という言葉の意味を知っている人は多いでしょう。しかし、この言葉の内容を具体的に知っている人は意外と少ないものです。特に、自由度が高く自分の理想の住宅が建てられる注文住宅には、メリットとデメリットの両方が存在しているのです。ここでは、その注文住宅について紹介します。

注文住宅とは?

注文住宅には、主に2種類の方法が存在しています。一つ目は「フルオーダー住宅」です。これは建築の際に使用する木材や、取り付ける窓のサイズなど、すべてにおいて依頼した人が決めることが出来る方法です。自分が作りたい家を自由に設計して建築出来ることが最大のメリットです。しかし、フルオーダー住宅の場合には、依頼者にかなりの建築知識が必要とされます。そして自分で設計や間取り等をすべて考える為、かなりの手間暇がかかってしまうのです。その為、建築知識や時間と資金が豊富であるような人の場合には、自分の理想の家をつくることが出来るため、マッチした方法と言えるでしょう。

もう一つの方法は、「セミオーダー住宅」です。これは基本的な建築仕様があらかじめ決まっているという事が、フルオーダー住宅と異なる点と言えます。依頼者がすることは、外壁や住宅設備の色などを決めるのが主な作業になります。しかし、セミオーダーといえども家の間取りに関しては依頼主に決定権があるので、必要に応じてグレードを変えることも可能です。建築知識などがあまり豊富でない人や、設計などに時間を取られたくない人にとっては、こちらの選択肢のほうが理想かもしれません。

注文住宅のメリットとは

注文住宅は建売住宅と比べても「自由度の高さ」が全く異なります。自分の思い通りの間取りや形にすることが可能です。他にも建売住宅の場合には、家の建築の様子を見ることは基本的に出来ません。しかし、注文住宅の場合には家が作られていく様子を見ることが出来ます。施工業者にとっても依頼主が見学に来れば、手を抜くことは出来ません。そのため、しっかりした家を造ってくれる可能性が高まります。このようなことから、注文住宅は一般的に建売住宅よりも、欠陥住宅が少ないと言われています。

さらに建売の場合には、人件費や材料費が抑えられている傾向があるため、一見内装や外観が綺麗に見えても、目に見えない欠陥がある場合もあります。それが数年後に不具合の原因になる事も考えられるのです。それ以外にも注文住宅では、依頼主が出せる予算の範囲内で建築できるというメリットもあります。家造りの最中に想定外の予算が発生して、出費が多くなるという事はよくありがちです。そのような時には、削れる部分の予算をうまい具合に抑えることが出来るのも注文住宅の良さと言えます。

デメリットはあるの?

注文住宅にもデメリットはあります。例えば、建売住宅に比べると入居するまでの期間が長くとられてしまうという事でしょう。建売の場合には、契約してからすぐに入居することが出来ます。ところが、注文住宅の場合には1から2か月ほど長くかかってしまう事があるのです。なお、家の材質や工法などの影響もあり、一概には言えないものの上棟から1か月、長くて3か月程の時間が掛かるのが一般的と言われます。さらに牧之原で、土地から探して家を建てる場合には、さらに時間がかかってしまう事も容易に推測できます。このように、煩わしい作業や時間が掛かるのが苦手な人は、注文住宅にはあまり向いていないかもしれません。

家は一生に一度の大きな買い物。

注文住宅は自由度が高く、自分好みの家を造りたい人にとっては最も良い方法です。予算も自分で決めることが出来、多少時間が掛かってしまいますが、自分のオリジナルの家を建てることが出来るのです。家は人生で一番大きな買い物と言われます。理想の家を建てるためには、きちんと予算などの計画を立ててから望むようにしましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

関連記事