広い土地を活かした平屋の家 明るさこぼれる大空間解放的なLDKのある家 八寸柱とらせん階段のある家

庭とLDKをつなぐウッドデッキのある平屋の家

海に程近いK邸の顔は、南側に伸びる大きなウッドデッキと、それにつながるリビングの開放感だ。「友達を集めてバーベキューを楽しみたい!」というKさんご夫妻のリクエストと敷地を見て、パっと図面のアイデアが頭に浮かんだという担当の松下。
「細かい直しはありましたが、一発OKの図面が引けました」。
ウッドデッキだけでなく、勾配天井に美しく伸びるのぼり梁や、キッチン上部に配したロフトなど、LDKには日常をリゾートのように過ごせる遊び心が満載だ。さらに、床・天井・壁のすべてを包むFP工法を採用することで、大空間を常に快適な温度に保ち、オールシーズン過ごしやすい住宅性能を実現。ムクヒノキの床と珪藻土の壁、天井はパイン材だから、天然素材の調湿効果があり、快適さはさらにアップ。
「家中どこにいても気持ちいい」と奥さまも大満足。

ロフトから見下ろしたLDK。上下の窓から心地よく陽光が注ぎ、冬は暖かく、夏は風通しの良い心地よさが続く

バーベキューのときには、窓を2カ所開けて、子どもたちがウッドデッキと廊下とLDKをぐるぐる周回しながら遊び回るという

玄関収納は右手壁面に配し、タタキはスッキリと。玄関外の右手がウッドデッキとなっている

2mという長い庇は、和のテイストを加えるだけではなく、夏は強い日差しをシャットアウトし、冬は光が深く差し込み温かくなるよう計算されている。
屋根の緑はKさん夫妻のリクエスト。軽やかな印象が加わり、リゾート感あふれる雰囲気に。

img3

夫婦で実家の近くのアパートに暮らしていましたが、出産を機に主人の実家に移ることに。敷地が十分広かったため、新築の家を建てることに決めました。

知り合いのお宅が、こちらでFP工法の家を新築し、住み心地がとても良いという話を聞いていたので。地元で長年やってらっしゃるので信頼できると思いました。

平屋とウッドデッキが欲しいという希望を伝えたら、すぐに納得のいく図面が上がってきたので感動しました。いつも快適な室内と住みやすい間取りに大満足です。

自然素材やウッドデッキ・平屋など、個性あふれる提案があり、楽しく設計ができました。敷地を見てビビっと思い浮かんだ図面が生きた、遊び心あふれる住まいが完成したと思います。

ハウジングアドバイザー 松下 秀樹
一覧へ お問い合わせフォームへ